Pマークはコンサル会社の信頼の証|ビジネスのリスクを最小に

男性

情報管理の意識

婦人

企業内でも情報が外部に漏れないよう、国際規格ISO27001に沿って対策をしていくことが求められています。かつては紙媒体であったため保管、管理方法は限られていましたが、IT時代においてはその方法は複雑化且つ煩雑化しています。そのため企業独自の方法で管理強化を行う事が求められているのです。

詳細

情報社会の国際基準

システム

リスク対策を保証

情報セキュリティに関する国際基準にISO27001と呼ばれているものがあります。昨今、情報保護に関する社会問題は個人情報保護法など情報セキュリティに関する法律が相次いで改正や新設されている経緯から、ユーザー側でもシビアにとらえるようになっています。そしてインターネット時代により誰でも簡単に世界中のインターネット情報網にアクセスできるようになっている事から情報保護の規定もより複雑になっています。ISO27001は情報保護に対する対策をきちんと行っている企業に対して認証しますが、情報漏えい問題が100パーセント起こらないことを保証するものではありません。あくまでも情報保護に関する事故がリスク対策を行っている結果生じにくいだけなのです。

コストはかかるが効果あり

ISO27001を取得することでそれなりの情報セキュリティ対策を施している事には変わりありません。そのため他社との差別化や、イメージや知名度の向上、顧客満足度、信頼度の向上、グローバル市場対応の仕組などに対してはメリットとなります。監査内容は一晩で対策できるほど簡単なものではありません。そのため組織的、計画的な管理体制を導入していることの証となり、セキュリティ基盤がしっかりと構築されていることを意味しているのです。しかしコストもそれなりにかかります。システム導入のためのイニシャルコストをはじめとして、社員全員への定期的な情報保護に関する意識づけを目的とした研修開催などです。ISO27001を取得しても定期的な監査は行われるのです。

信頼は重要

Pマークは信頼の証になる重要なものです。多くの企業が取得を考えているでしょう。Pマークを取得するにはコンサル会社を利用する必要が出てきます。Pマークのコンサル会社の支援によってビジネスにおいて重要な信頼を手に入れましょう。

研修実施が求められている

IT

社員全員が同じ認識を持って情報セキュリティISO27001に対し、同じ認識を持ちあわせていることは重要なことでもあります。そこで研修実施を定期的に行う事を要求しています。もちろんレイヤーによって求められる行動規範は異なるため、それぞれのレイヤーに応じた研修を受講する必要があります。

詳細

取引先とのレベル相違

メンズ

取引先を選定する場合、ISO27001を認証していることを条件とする企業も少なくありません。そのためISO27001の認証は信頼性において重要な位置づけになりますが、相手先企業とのレベルの差異が発生している時には、レベルの高い水準に合わせるのが一般的です。

詳細